3月30日いわき市救援物資_辻元清美

カルタゴと今の日本は似ている。
ハンニバルという映画はカルタゴのことをどう描いていたのだろう。
ローマに滅ぼされてしまうがローマ人は残虐だなぁと思った。
カルタゴ市民はポエニ戦争のせいで、戦争はしないと近い、商業大国になった。
ローマはそれを恐れていた。ハンニバルは平和ボケした国民に武装するように呼びかけたが、
彼を悪者扱いし、ローマに引き渡してしまい、死刑になる。
そして、武器もとられ、最後にローマと戦うが負けてしまい、
虐殺され、2度と復活しないように塩まで撒かれた。
戦争になる前に無理難題を次々と押し付けつけられ、ついにブチ切れた。
遺跡は今でもあるが歴史を思うと痛々しい。

動画はおまけの清美ちゃんひきいるピースボートの支援物資山積みの場所。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック