日出ずる国の行方

アクセスカウンタ

zoom RSS チベット、ラサのデモ鎮圧事件

<<   作成日時 : 2008/03/17 00:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

これは
天安門と同じかそれ以上の深刻な事件だ。
チベットの僧侶たちや他のチベット人が10日に支那の弾圧に抗議のデモを行った。
すぐに中共の軍隊がきて、10人くらいの僧侶が射殺された。
これに怒ったチベットの住民は警察の車を焼きはらったり、漢民族の店を破壊した。
中共軍はますx2過激になり、3月14、15日に大暴動になった。
遺体がたくさん、発見された。
100人くらいのチベット人が戦車の機関銃で殺された模様。
この事件が起きた背景には、ニセモノのパンチェン・ラマ(ダライラマの次に偉い人)
がシナ政府のトップグループに就任したからだろう。
もし、ニセモノがパンチェン・ラマが本物として発表されたら、僧侶達の心が痛んで当然だ。
たかが、普通のデモに戦車や人民軍が発砲するなんて、異常だ。
尚、本物のパンチェン・ラマことニマ少年は中共政府に拉致されたまま、
今まで、消息不明だ。
チベット国弾圧やウィグル民族弾圧は旧ソ連よりもひどい。
戦前の通州事件で虐殺された日本人よりもひどい拷問を受けた。
漢民族は戦後、120万人のチベット人を虐殺した。
今も投獄や拷問は続いている。
国連はこのまま、黙っていていいのか!?
こんな国で平和の祭典はやる資格がない。
ボイコットするべきだ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
支那はもうチベットの侵略を止めるべきです。
今回の騒乱は、当初、チベット人の平和的な抗議デモから始まったが、そこに支那が武装警察部隊の車両を多数投入し、群衆に発砲したり、装甲車が群衆に突入して市民が次々に倒れ、軍のトラックが倒れていた100人以上を収容して、どこかへ搬送して行ったりしたため、それらを目撃して怒ったチベット人たちが漢族の商店に焼き打ちをかけるなどの騒乱に発展したといいます。
侵略と虐殺を続ける支那の首都で「平和の祭典」を開催することは許されません。
絶対反対、北京五輪!
deliciousicecoffee
URL
2008/03/20 08:35
coffeeさん
私も断固北京五輪は反対です。
聖火リレーもやめてほしいです。
魅音
2008/03/20 23:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
チベット、ラサのデモ鎮圧事件 日出ずる国の行方/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる